頭皮をレーザー灯で刺激する育毛ヘルメット

今日は薄毛やはげ頭に不安人たちに朗報を持ってきました。

誠に作用が認められた育毛売り物がやっと登場したのです。

その呼び名はTheradome(セルダム?)。

誠に米夕食医薬品局(FDA)が世界ではじめて認可した育毛ヘルメットなのです。

組織はヘルメットが出る医療事項レーザー灯がスカルプを刺激して育毛を促します。

作ったのは元NASAのサイエンティストですタミム・ハミド様で、己も薄毛で悩んでいたがヘルメットを開発するきっかけです。

その結果は飛躍で、旦那は以前よりふさふさになれたことは見た目映像で確認できました。

お金は約8万円!
これは厳しいって見るか安いと見るかいくぶん迷いますが、引け目から解放されることや、かつらや育毛剤などを買うことに比べればはるかにお安っぽいのではないでしょうか。

かく言う私も心中の生え際がゆるゆる衰滅して悩んでいたので富に残りができたら直ぐ買いたいと思いました。

いやはやハミド様は実際大したものです。

自分の不安を解決するためにこんな画期的な新ものを作って仕舞うなんて!
本当の一軍は旦那という自分を言うのではないでしょうか。

私もこの方のように、自分の不安を解決したり自分のやりたいことをやるため皆を救って仕舞うような、そういった自分になりたいと思いました。

自己破産

カフェ巡りでみつけた!

今回、家庭から2駅舎歩いてカフェに入ったところです。
2駅舎歩いたのは、往路150円の足代を浮かせるためです。
カフェで食事まで買わないように、昼めしも家で済ませてきました。
いつもコンビニで注文をしすぎてしまったりしていて縮減の病み付きがないから、今日は縮減を通じて良いことをした気分になっている。

昔話の煽りか、あたいは良いことをしたら良いことが起こると信じてきました。
縮減をすればお金が浮く、歩いて行動をしたら健康になる、という直接的な良いこととは別に、降って現れる感覚で、ごほうびみたいな良いことが起こると信じてきたのです。
進路がわかりやすみたいだったから、今日は絶えず鉄道で行く部分とは違う方面に来たので、新しい場所で何か良いことが起こる筈というワクワクしていました。

も、端末って、もしも帰りに寒かったときのために、一先ず持ってきたポンチョといったマフラーも入った重たいリュックを背負って、慣れない進路を2駅舎分歩いたので疲れてしまっています。
それに、ラフファッション携わる振る舞いのないスーツ特徴の大人たちに囲まれて怖いだ。
今は、コンビニで甘いものやおにぎりを買って、家で映像を観ていたい気分になっている。
それか鉄道に乗って、いつものカフェをめぐって気楽したいと思っています。

良いことを通じても良いことは起こらないかもしれません。
ラフファッション良いことをしていないからわからないのです。
も、良いことをしたら良いことが起こるって信じていたはずなのに、良いことを通じてこなかったは、あたいは相当な与太郎かマゾだ。